小田畜産の歴史

想い

牛と心を通わせて家族のように四五年

「牛が好きだから牛を飼いたい」
シンプルな発想こそ時に大きくひたむきな原動力となり得る

牛の飼育を始め、二年後には飼育頭数は五〇頭
平成五年には一千頭以上まで事業は拡大し、平成八年に法人化

「牛が好き」
その一念から始まったこの農場

今では鹿児島県を代表する畜産農場となりました

「始まりはわずか2頭の牛から」

大好きな牛のことだけを考え、惜しみない愛情と努力を注ぎ、農場ブランドである「小田牛」はスタート。

「1号牛舎は昭和48年に建設」

高校を卒業したばかりの息子の夢を母が手伝い、
父は時には出稼ぎをして支え続けました。

小田雄二郎

世代交代を迎え、厳しい農業の時代に突入しました。
こんな時代だからこそチャンスと考え、保有頭数の増頭、6次化による業務基盤の強化など課題は多い昨今ですが、不撓不屈の精神を持って取り組んで参ります。

小田畜産 社長 小田雄二郎

小田健一

叶わぬ夢と思うなら

叶わぬものが夢となり

夢は追いかけ、掴むもの

小田畜産 代表 小田健一

小田畜産の受賞歴

小田牛はこれまで数々の賞をいただいております。

肉牛の肉質は交配もそうですが、給餌や飼育方法により理想とする肉質に近づけます。
どのような飼育方法が良いのか、餌においても改良など試行錯誤を繰り返し、長い年月をかけ現在の小田牛は確立しました。
受賞はその評価としてして頂いており、私たちの自信につながっております。

これからはこれら多くの賞に相応しい最高品質の牛肉をご提供し続けることをお約束いたします。

1976年 県肉牛枝肉共進会
最優秀賞
1976年 県肉牛枝肉共進会
優良賞
1978年 県肉牛枝肉共進会
優良賞
1981年 県肉牛枝肉共進会
優秀賞
1981年 コワダヤ和牛枝肉共進会
優秀賞
1990年 県肉畜共進会
優秀賞
1995年 第45回県肉畜共進会
最優秀賞
1995年 川辺郡肉畜共進会
最優秀賞
1997年 第11回浅野畜産共進会
銅賞
1999年 第13回浅野畜産共進会
金賞
2000年 肉用牛共販額南さつま農協
第1位
2000年 肉用牛共進会枝肉の部
最優秀賞
2006年 県肉牛枝肉共進会
金賞
2009年 県肉牛枝肉共進会
優秀賞